バースプランの書き方がわからない…私はこうやってプランを立てました

妊娠中
スポンサーリンク

2020年夏出産予定のかんころです。妊娠後期になり、産院からバースプランを考えてくるように言われました。バースプランとは、「どんなお産にしたいか」自分の希望をあらかじめ産院に伝えることで、リラックスした良い状態で出産に臨めるようにするためのものです。

「夫や家族に出産の様子を立ち会ってほしい」「産まれたら我が子を最初に抱きたい」など、小さなことでもバースプランとして文字起こしし、伝えておくことで、一生に何度もない出産体験をより素敵な瞬間に作り上げることができるのだろうと思います。

私自身、特に希望などはなく「赤ちゃんが無事産まれてくれたらいいや〜」くらいの軽い気持ちでいたのですが、助産師から必ずバースプランを立ててくるように言われたことにより、改めて出産を想像し、向き合うきっかけになりました。

この記事では妊娠後期に直面する「バースプランの書き方」について記載しています。

スポンサーリンク

そもそもバースプランって必要あるの?

そもそもバースプランって立てる必要があるの?と思う方もいるでしょう。私自身もそう思っていました。バースプランは、内容の中身というよりも、プランを立てている時間そのものが大事なのだと思います。バースプランについて考えている時、特に初産婦だと「どんな出産になるかな」「痛かったらどうやって耐えればいいのかな」など、未知なる世界への想像を膨らませることになります。この想像の時間が、出産への心構えや気持ちの準備につながるのです。

また、夫や実母など、家族と一緒にバースプランについて話せると、「出産は1人じゃない」と感じることができました。特に夫とは、お互い無知であったためインターネットで様々な情報を取得し、「こんな時はこうしよう」「こうしたらいいんじゃない?」と会話しました。この話し合いにより、夫も少しずつ出産に近づき、父になるのだということを自覚し始めたようです。

バースプランを立てながら、出産や育児の不安をついでに話したりして、思いを共有することもできました。密度の濃い時間を過ごせたなと感じています。

バースプランの立て方

バースプランに何を書けばいいのか?初めはよくわからず戸惑いました。産院によるのかもしれませんが、私が配られたバースプラン記入用紙はワークシートのような穴埋め・質問形式ではなく、まっさらでした…。出産の状況を全く想像できない状態でどうやって考えればいいんだろう…と悩み、いろいろ調べてみました。

ざっくりと下記の項目について考え、記入することで出産について見えてくるものがあると思います。

バースプランのポイント

①出産方法(分娩方法)について
②会陰切開について
③出産時の病室の雰囲気(環境)について
④母乳について
⑤その他

出産方法(分娩方法)について

分娩方法は主に「自然分娩(経膣分娩)」「帝王切開」があります。基本的には自然分娩になるのでしょうが、母体・胎児の状況によってはお医者さんが帝王切開の判断をする場合もあります。初産が帝王切開だと、次回以降は自然分娩では難しい場合がほとんどのようです。また、あえて帝王切開を選ぶ方もいるようです。

個人差はあるでしょうが、私は帝王切開での出産の方が楽でした。 麻酔が効きすぎて術中吐き気はしたものの、痛みはなく早い! 術後のキズは、ものすっごく痛いと聞いていましたがなんとか我慢できる程度でした。

入院中、起き上がったり歩いたりはお腹に力が入らないのできつかったですが、経腟分娩でのトイレ時のあのヒリヒリする痛みと恐怖感がないのが良かったです。 また次授かれば、迷わず予定帝王切開を選びます。

先輩ママの体験談 帝王切開ナビ

自分の状況を踏まえ助産師さんと相談しながら出産方法について考えるのがいいのだと思います。「できれば自然がいい」「陣痛が怖いから帝王切開がいい」など、対応できない産院もありますが、まずは自分の希望を伝えてみましょう。

「帝王切開」についてはこちらもどうぞ!妊娠後期で逆子になったので帝王切開について調べてみた

また、最近主流になりつつある「無痛分娩」を選択される方も多いようです。

出産時の痛みは、子宮の収縮そのものと、赤ちゃんが狭い産道を通ることでその周りが引き伸ばされることで発生するものとがある。一部の研究では、手の指を切断したほどとされており、これを麻酔薬で和らげるのが無痛分娩だ。完全に痛みを取り除けないため、「和痛分娩」と称する施設もある。

無痛分娩、本当に大丈夫?~後悔しないために知るべきこと~ 時事ドットコム

会陰(えいん)切開について

会陰切開とは自然分娩(経膣分娩)時に赤ちゃんが出てくる際、会陰部が裂けるのを防ぐためにあらかじめ切開することです。想像するだけで痛いので、バースプランには「できる限り会陰切開したくない」と記入したいところ。しかし、とある調査で出産時の会陰切開率が半数以上という結果がでているのです…。

Q.出産時、会陰切開を経験しましたか?

はい 58.4%

いいえ 41.6%

出産時、半数以上が「会陰切開をした」と回答 – 何が大変だった? マイナビニュース

会陰切開を予防するために、会陰マッサージなどを妊娠後期ごろからスタートする、という方法もあるようですが、いざお産の時になると赤ちゃんや母体の状況によっては早めに産まなければならなかったりすると、会陰切開をせざるを得ない場合もあるそうです。また、切る瞬間は陣痛やいきみなど他の痛みがすごすぎて気にしていられない、と言われました。

会陰切開の瞬間よりも、切開部分の縫合時がかなり痛いらしいので、「縫合時やその後の痛みが心配」と書くことにしました。笑

出産時の病室の雰囲気(環境)について

出産時の分娩室の雰囲気や環境については全く想像できないのですが、こんなツイートを見つけたので、考えておくべきかなと感じました。

私は立ち合い分娩を希望していないので、誰も分娩室に入ってきて欲しくありません。人によって、夫には立ち会ってほしい、実の母親のみ立ち合いしてほしい、義両親は立ち会って欲しくない、など様々な希望があると思いますのでしっかりバースプランに記載しておく必要があると思います。バースプランに書いていてもその通りにいかないということもあるようですが、何よりも大事な瞬間なので、念を押しておきたいポイントですね。

また、こんなバースプランを書いた人も。

いきんでいる時なにかしら優しく声をかけてくれると安心できるものですよね。当たり前にそんな環境を作ってくれるかどうかはその時になってみないとわからないので、寂しくならないように「声をかけてほしい」「褒めてほしい」などの希望を書いておくことも大切なのかもしれません。

母乳について

無事出産後、赤ちゃんを育てる際に完全母乳で育てたいのか、ミルクで育てたいのか、希望を書いておこうと思っています。完全母乳で育てたい場合、妊娠時からおっぱいケアをしっかりしておく必要があるので、アドバイスを受けておいた方がいいでしょう。

私の場合、出来るだけ母乳で育てたいけれど、もしうまく出なければミルクで育てる。という強くこだわらない姿勢で育児に取り組みたいと思っています。母乳育児にとらわれるあまり自分を追い詰めてしまう事例を何度か見聞きしたためです。自分のスタンスを、産院にしっかり伝えておくことで、自分自身のストレス軽減にもなるのではないかと考えます。

その他

その他、「水中分娩がしたい」「アロマを焚いてリラックスした状態で出産したい」「好きな音楽をかけたい」など様々なバースプランを希望する方がいるようです!!一生に何度もない出産という大仕事ですから、希望が通るならばいろいろと書いてみるのもいいですよね!

まとめ

バースプランは初産婦の場合特に考えるのは難しいですが、ネットなどのみんなのコメントなどを見ながら考えると、段々自分の希望が見えてくると思います。私も、主にツイッターで「こうすればよかった」「こうしてよかった」という体験談を読むことで、より具体的に想像できるようになりました。

痛みや無事産まれてきてくれるかの不安は尽きませんが、できる限りリラックスして出産に望むことが母胎にとってなによりいいことだと思うので、自分なりにストレスの少ないバースプランを考えてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました