デコポンでジャムを作る方法!【初ジャム作りだけど美味しくできたよ】

妊娠中
スポンサーリンク

2020年夏出産予定のかんころです。現在産休まで仕事をお休みしており、毎日何をして過ごそうかな〜と考えながら、時間的ゆとりのある生活をさせてもらっています。

そんな時、知り合いからたくさんの柑橘類が宅急便で届きました!オレンジが大好きな私はとても嬉しかったのですが、如何せん量が多い。夫はそんなにフルーツが好きではないので食べきれる気がしない。ということで、せっかくいただいたものを腐らずに何かできないかなと思って考えました。

そうだ!!!ジャムにしよう!!!!!

ということで、母親にマーマレードの作り方を教わりながら、超ズボラに手作りしてみました!!

スポンサーリンク

材料

材料はデコポン、グラニュー糖!!以上!!デコポン1個に対し、大さじ2くらい入れればいいかな、と勝手に決めました。マーマレードって苦いので、思っているより多めに入れるのがいいかなと思いこのくらいに設定しました。

デコポン6個、グラニュー糖大さじ12杯

実際完成したジャムは結構苦味がありましたので、甘めが好きな方はもう少しグラニュー糖多めでもいいかもしれません!

デコポンを切る

デコポンのおへそ部分を多めにカット→8等分→果実と皮に分ける→川は千切りにする

千切りはなるべく細い方がいいと思います。私は不器用なので、わりかし粗めになりましたw

デコポンの皮をめっちゃ洗う

デコポンの皮をすべて千切りにしたら、流水でひたすら洗う。ザルで洗う→水を流すの繰り返し

皮には農薬が付いていると思うので、気になる方はとにかくひたすら洗った方がいいです。私はそんなに気にならないタイプですが、苦味が取れるかなと思い5回くらい洗いました。

デコポンの皮を茹でる

複数回洗ったデコポンの皮を、今度は沸騰したお鍋で何度か茹でます。湯を沸騰させる→皮投入→2〜3分茹でる→ざるに上げる→新しい湯を沸騰させる→皮投入 の繰り返し

私は3回茹でましたが、それでも仕上がりは結構苦めになりました。5〜6回茹でてもいいかも。多少茹ですぎても皮の形状は残りますので、最低3回くらいは繰り返した方がいいと思います

皮と果実を鍋に入れ、グラニュー糖を投入

複数回茹でた皮は湯を切る。果実も鍋に入れたら、上からグラニュー糖を投入する。このまま30分くらい放置。

下に皮が隠れています!

30分くらい放置することで、甘みが浸透するかなと思いこの方法をとりましたが、待てない人は省いてもいいかもしれません。

コトコトグツグツ煮る

水をデコポンが浸かるくらいまで入れて、中火くらいでコトコト煮込む。灰汁(あく)が出たら都度取る。

だんだんオレンジ色のアクが出てきますので、私はスプーンで取り除くようにしました。苦味の元なので、面倒臭がらずとるべし。

とろ〜とジャムっぽくなるまで煮込む

灰汁を取りつつ、中火から弱火くらいでとろっとするまで煮込み続けます。私の場合は火力の問題もあるのかもしれませんが2時間ぐらい煮込み続けました!!笑

たまに味見して、甘さが足りなそうだったらグラニュー糖を追加したり、皮を食べて柔らかさを確認しました。

煮込んでる間に瓶の煮沸消毒

ジャムを瓶詰めする場合は、煮沸消毒が必要です。大きい鍋に湯をたっぷり沸騰させて、その中に瓶を入れ、5〜10分ほど入れておく→終わったらトングなどで取り出し、キッチンペーパーの上で乾かしておく(瓶は下向きにする)

完成!瓶に入りきらなかったものは冷凍!

煮詰めて味が整ったら完成!煮沸消毒した瓶につめ、熱いうちに蓋をしました。粗熱が取れたら、冷蔵庫へ。

たっくさん作ったので、瓶に入りきらなかったものはラップに包んで冷凍しました!

一回分ずつくらいでラップで小分けにしています。

まとめ

初めてのジャム作りでしたが、分量適当な割に美味しくできました!ジャムって簡単なんですね!煮込む時間が長いので時間的余裕がないとなかなか作れないものですが、産休のこの時期にチャレンジできてよかったです。

出来上がったジャムは食パンやホットケーキにつけて食べたり、ルイボスティーに入れておしゃれフルーツティーにして飲んだりしています。無糖炭酸水に入れて飲むのも美味しかったです!

ぜひ試してみてくださいね。女子力・主婦力が上がった気がして充実した1日になります(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました