排卵検査薬を使うタイミングっていつ?どうせなら効率的に使いたい

妊活
スポンサーリンク

2020年夏出産予定のかんころです。妊活しよう!と考え始めた時に、私は病院に通う前にまずは自宅でできることから始めようと決めました。そんな中で妊活に有効なアイテムとして浮上したのが「排卵検査薬」です。「妊娠検査薬」なら知っているし正直何度も買ったことがありました。(結婚前から不安な時に使用していたんです)

でも、「排卵検査薬」って具体的にどんなものでどんな風に使うんだろう?調べてみると、安いものではないし…どうせなら効率的に正しく使いたい!ということで今回は調査結果をまとめました。

私が妊娠判明した時も排卵検査薬を利用していましたので、その時の体験談もお話しします!

スポンサーリンク

排卵検査薬とは

「ドゥーテスト®LHⅡ 排卵日予測検査薬」は尿中のLHの変化を捉え、最も妊娠しやすい時期である排卵日を約1日前に予測する検査薬です。

次回月経予定日の17日前から、1日1回、検査してください。

ドゥーテスト ロート製薬 

私が実際に利用した排卵検査薬「ドゥーテスト」のHPより、排卵検査薬の概要について抜粋しました。毎日同じ時間に検査薬に尿をかけることによって、排卵日を予測することができます。

【第1類医薬品】ロート製薬 ドゥーテストLHII (12回分) 排卵予測検査薬 排卵検査薬

価格:2,738円
(2020/3/30 14:03時点)

妊活にとって、排卵日を特定することは非常に大切なことです。排卵日によって生理日が決まってくるので、日頃の生活習慣とかちょっとしたストレスとかで、排卵日がズレることはよくあることなんですよね。私も妊娠前、生理が予定日より1週間や2週間遅れることが頻繁にありましたが、正確には排卵日が1〜2週間ずれたせいだったのだということを妊活を始めてから理解しました。妊娠までの大体のスケジュールは下記の通りです。

妊娠のスケジュール

①最終生理開始日
↓2週間後
②排卵日付近:性行為⇨受精
↓1週間後
③着床
↓1週間後
④生理予定日
↓1週間後
⑤一般妊娠検査薬陽性反応

生理周期が正確な人はこのスケジュールに沿って妊活を行えば、基本的に問題がないでしょうが、私のように生理不順の人は最終生理日から2週間後に本当に排卵されているかどうかって、わからないんですよ。なので、ドゥーテストの公式HPには、次回生理予定日の17日前から検査をするように説明があります。でも排卵日が早まったらそれじゃあ間に合わないかもしれないですよね…。

タイミングを逃したくない場合は、生理が終わってからすぐくらいから、排卵検査薬を始めるのが確実なのかなと思います。つまり、排卵検査薬一箱(12回分入り)では足りないということです!!!

排卵検査薬を効率的に使うためには、基礎体温との併用がベスト

排卵検査薬は1箱12回分入っていますが、生理不順の場合ではこれだけでは排卵検査薬は足りません。一箱3000円弱くらいなので、安くはないし、妊活は終わりが見えない活動です。

生理不順の悩みを抱えていた私も例外ではなく、排卵検査薬を大量に買い込んで長期戦を覚悟しました。しかし使ってみてわかったのですが、正直、排卵検査薬は1日1回じゃ排卵されているかどうかわかりません!!例えば、毎日朝8時に検査薬をしていたとしても、夜に排卵ピークがあったりしたら逃してしまいますよね。ドゥーテスト公式HPにも記載がありますが、1日2回検査した方がより正確に排卵日を特定しやすくなるのです。ということで1日1〜2箱どころではなくなります。笑

私は、排卵検査薬を使用する前に、とりあえず基礎体温を3ヶ月ほど測って自分の体の記録を取ることにしました。基礎体温は低温期や高温期など一般的なグラフの形がありますが、人によって結構違いがあるものなんです。

私の場合は高温期が短めで、高温期に入る数日前からグラフが右肩下がりになっていく特徴があったので、その特徴を捉えながら排卵検査薬を始める時期の目安を決めました。

こうやって自分の基礎体温の特徴を知ることで、排卵検査薬を無駄打ちせずに適切な期間使用することができ、効率的な妊活が可能かなと思います。もちろん体というのは一筋縄ではいかないものですので、基礎体温や排卵検査を実施したところでなかなか妊娠に至れない場合も多々あります。

ただ、もしかして妊娠しづらい体かもしれない、という可能性に早く気づくためにも、基礎体温の記録や排卵検査薬の実施は有効であると考えられます。

私の排卵検査薬を使った時の話

私の妊娠時の排卵検査薬

上の画像は、私が後日妊娠判明した時の、排卵日付近の排卵検査薬結果です。ハートがタイミングを取った日です。基本的に、ご飯を食べてお風呂に上がった後の時間帯に検査を実施していました。朝だと忘れてしまうし、タイミングも取りづらいので、夜がいいのかなと思いました。公式HPにも、「陽性反応が出たら、すぐにセックスのタイミングをもちましょう。」とされています。

ドゥーテスト ロート製薬

10月11日の夜に「陽性」と思われるくらいのくっきり線でしたので、翌日朝10時ごろにタイミングを取りました。そのあと念の為11:50と21:40に検査を続けて行ったところ、陽性が続いていたため、13日の朝9:00ごろにもタイミングを取りました。

おそらく12日のどこかの時間帯で排卵されているのかなと予測ができますので、1回目のタイミングはバッチリだったのではないかなと思っています。その後の基礎体温は下記の画像の通り高温期に入り、そのまま妊娠超初期症状を経験して妊娠検査薬の陽性を確認できました。

妊娠判明時の私の基礎体温グラフ

まとめ

いかがでしたか?排卵検査薬は使いづらい・わかりづらいという声もありますが、自宅で気軽に妊活ができるとても良いツールであると私は思います。ただ、安い買い物ではないので、排卵検査薬だけに頼るのはなかなか厳しかったなというのが、経験として感じた印象です。

妊活は終わりの見えない戦いです。もしかしたら、自分で気づかない不妊につながる持病があるかもしれないし、体って本当に何があるかわかりません。将来赤ちゃんを望むならば、1日でも早く自分の体の特徴を知り、自分なりの妊活方法で進めていくことが一番良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました