育児に全然協力的じゃない夫にイライラ…夫を変える3つの方法

子育て
スポンサーリンク

あなたの旦那さんは育児に協力的ですか?それとも非協力的?二人で望んで生まれた子供のはずなのに、気づいたら育児は自分ばかり…共働きでもそうでなくても、育児の負担があまりに重すぎると、夫の存在に疑問を感じてしまいます。

今時育児は女がやるものなんて考え古いと言われているにも関わらずまだまだ育児を他人事と思っている男性ってたくさんいますよね。私たち妻はそのような夫とどのように関われば、育児に協力してもらえるのでしょうか?

この記事を読んで欲しい人

✔️育児に全然協力してくれない夫がうざくてしんどい人

✔️夫に期待することを諦めかけている人

✔️既に諦めて離婚したいとさえ思っている人

スポンサーリンク

なぜ育児をしないのか?夫をタイプ別に分析

なんで育児をしないのか、いろいろなタイプの旦那さんがいます。あなたの旦那さんはどのタイプに当てはまりますか?

「俺は働いているんだ、お前がやるのは当たり前だろ」モラハラ男タイプ

こう言った昭和の考えを持つ男性って意外とまだいたりするんですよね。とくに専業主婦の家庭に多いようですが、中には共働きにも関わらずこう言った発言をする男性もいるようです。

専業主婦ならば家事をすべて妻がやるのはわかりますが、子育ては二人でやるもんじゃないの?と私は思いますが…。比重は妻に偏るにせよ、少しは育児に協力して妻を支えようという気持ちを持って欲しいものです。

「ちゃんと育児してるじゃん!」やっているつもりタイプ

ちょっと抱っこしただけ、おむつ1日一回変えただけ。毎日育児に追われている妻にとっては1%にも満たないようなことを「育児やった〜」と満足げに自慢する男性、いますよね。おそらくこういう男性は「育児とは何か」根本的にわかっていないんですよね。妻の苦労も全然理解できていない。

このタイプは、育休中もしくは専業主婦の妻に対して「今日は何をしたの?いいな毎日子供と遊んでいるだけの楽な日々を過ごせて。」とか言いかねません。

「俺育児苦手だから君に任せるよ」逃げ越しタイプ

二人で望んだ子供なのに…一緒のタイミングで親になったはずなのに。「苦手だから」で済まされると思っているの?!このタイプは潜在的に「育児は女がやるもの」と思っているのですよね。

よく、男性は子供が生まれてもなかなか父親になれないなどと言われていますよね。逃げ腰タイプはまさしく「父親になれてない」のです。フランスでは男性の産休が当たり前で、父親になるのが早いんだそうです。

抱っこの仕方や、おむつ替え、沐浴(もくよく)、ミルクの作り方、へその緒の処理なども夫婦で直接学びます。パパがいなければ、パパはいつ来るの? と聞いて、パパがいるときに一緒に学びます」。パパには「ママは疲れているの。あなたがやるのよ!」とハッパをかけるなど、できるだけパパに赤ちゃんの世話をしてもらうように仕向けるそうだ。

男性も産休 フランスの男は2週間でパパになる NIKKEI STYLE

日本も男性の産休取得が義務化される動きが出てきています。男性育休申請もなかなか進まない中ですが、制度改正によって育児に協力的な男性が増えることを願うばかりですね。

男性の育児休業取得を進めるため、厚生労働省に対し、働き手に取得を個別に働きかけることを法律で義務づける方針を固めた。子どもが生後8週までなら、2週間前までの申請で取れる「男性産休」も新設する。

「男性の産休」新設へ 育休取得の働きかけも義務化方針 朝日新聞デジタル
男性も育児休暇を取る時代!制度を知ってうまく活用しよう
育休を男性もとる、少し前では考えられなかったことが、当たり前になる未来もそう遠くないのかもしれない…先日の小泉環境大臣の育休取得宣言により、そんな明るい兆しを感じました。小泉進次郎環境相が育児のために休暇を取得する。男性閣僚が事前...

「自分の父親は育児なんてしてなかったから俺もやらない」育った環境が影響しているタイプ

夫自身が小さい頃育てられた記憶の中に父親がいない場合、「育児は母親がやるのが当たり前」という常識しか頭にないのです。自分が育児をするなんて考えもしていないことでしょう。

たしかに昔はワンオペ育児が当たり前だったかもしれませんが、時代が違うのだから常識が変わるのはあたりまえ。今と昔では環境や社会が全然変わっているのですから。

最近よく聞くワンオペ育児って何?産後うつは人ごとじゃない!
「ワンオペ育児」という言葉を最近よく聞くようになりました。一人で育児を行う意味ですが、学生時代は幼児教育を専門的に学び、保育業界で勤めていた経験のある私ですが、正直あまりピンとこないワードでした。「ワンオペ」って自分がその立場にな...

育児をしない夫を変えるために妻がやるべきこと3つ

育児をしない夫にイライラしたら、妻の私たちはどんなことを働きかけたらいいでしょうか。最初から諦めてしまう前に色々試してみましょう。

話し合いをして育児にはどんなものがあるか提示する

まずは一人で育児をして辛いことを夫に伝えましょう。もしかしたら、辛いと思っていることを知らないかもしれません。伝えていたとしても理解できていない可能性もあるので、具体的に育児にはどんなものがあるのかリスト化し、夫に見せてみましょう。目で見て確認することで、「1日こんなにたくさんのことをやっている」ということを理解してもらえるでしょう。

簡単なことから頼んで、成功体験を作る

夫でもすぐに実行可能な育児をひとつでもいいので頼んでみて、成功体験を味わってもらいましょう。例えば朝の着替えや、離乳食をあげる。1時間だけ家で子供を見ててもらう。一つでもできたら「ありがとう!すごく助かった〜」とか「パパにやってもらえたから、なんかいつもより嬉しそうにしているみたい」とか声をかけるのを忘れずに!「パパだと喜ぶ」というワードはかなり効きます。

外に出かけてみて、他所の育児に協力的な夫を見せる

何を言ってもなかなか育児をしてくれない夫でも、他人からの刺激でコロッと変わる場合があります。よくありませんか?妻がいくら言っても聞かないのに、テレビで言っていたことはすぐに信じるとか…。

たまに家族で外に出かけた時は、「あのパパ、一人で子供見ててすごいねえ」と言ってみたり、友人家族と会って刺激を受けたりしてみてはどうでしょう。

何をやっても育児に協力してくれない夫の場合

何を試してみても育児に協力してくれない夫の場合はどうしたらいいでしょうか。

離婚を視野に入れる

あまりに育児に協力してくれないということは、妻の苦労に寄り添ってくれないということなので、パートナーとして今後の人生やっていくのは難しいかもしれません。育児以外はとてもいい夫ということであれば目を瞑ってしまえるかもしれませんが、そうでない場合は夫婦の信頼関係は崩壊しているも同然だと言えますし、夫への愛情は冷めてしまいますよね。

不倫など法的な理由がない限り離婚を進めるのは難しいかもしれませんが、「いつか離婚しよう」という気持ちで過ごすことで夫の心変わりを期待できるかもしれませんし、あなた自身の気持ちも少し楽になるかもしれません。

夫に期待することを諦め、育児を楽にする別の方法を考える

夫にはこれ以上期待しても無駄だ。そう開き直ると、意外とすっきりしてしまうかもしれません。育児が楽になるようなサービスを利用したり最新家電を買ってみたり、他の方法で負担が減らせないか考えてみるのも手です。

私の友人はワンオペでしんどかった時期は夫への協力に期待することはやめて、ツイッターでママ友を作って交流をすることで心の拠り所をつくったそうです。同じような辛い気持ちを共有できたことで、だいぶ気持ちが楽になったと言っていました。

まとめ

いかがでしたか?育児に全然協力的じゃない夫にイライラしてしまっている人に、夫を変える働きかけ3つをお話ししました。

この記事のまとめ

✔️夫が育児をしない理由は4つのタイプがある!

✔️育児をしてくれない夫を変えるには、他所の育児に協力的な旦那を見せて刺激させることが一番効く

✔️なにをやってもだめなら、離婚を考えるのもあり。でも期待することを諦めたら意外とすっきりするかも。

参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました