結婚するために実際貯金はいくら必要なの?相場と現実

お金
スポンサーリンク

結婚したい!純粋に気持ちがあっても、どうしてもひっかかってしまうお金問題

貯金が足りなくて結婚に踏み切れないなんて方意外と多いのではないでしょうか?また、女性の場合、貯金がそれなりにある男性じゃないと結婚は無理!と考えている方もいるかもしれません。

実際問題、結婚するために貯金はいくらくらいあればいいんでしょうか?正直お金があればあるだけ良いに越したことはありませんが、「お金が貯まるまでは…」と時期を逃していてはいつまでたっても結婚できません。結婚はタイミングがとても大事です。

この記事では、結婚費用に必要な貯金の相場と、現実。そして私の場合の結婚費用にかかった金額を公開したいと思います。

スポンサーリンク

結婚するときに発生するイベント

結婚をするときに発生するイベントは様々です。

結婚の段取り

・結婚挨拶
・両家顔合わせ
・結納
・入籍
・結婚式
・新婚旅行
・新居引越し

ざっと上記のようなスケジュールでイベントが発生してきますね。一つずつ内容と金額相場を見ていきたいと思います。

結婚挨拶

お互い結婚しよう、となったらまずは両家に結婚挨拶をしに行くことになると思います。それぞれの実家が近くであれば電車交通費少しと手土産代程度で十分だと思いますが、実家が地方の場合は遠征費がかかりますので意外と大きな出費。

私の場合は夫の実家が東北地方でしたが、フットワークの軽いご両親だったので東京に遊びにきてくれました(笑)。どこで結婚挨拶を行うのか、メールや電話などで事前に打合せの上決めることになるでしょう。

持っていく手土産は賞味期限の長いものがオススメ。私は

両家顔合わせ

両家顔合わせは場合によっては両家初の顔合わせの場であるかもしれませんし、面識があれば改めて「親戚になる」ご挨拶をする場になると思います。場所は個室やホテルの会場など、身が引き締まるフォーマルな場所が定番ではないでしょうか。

どのような場所にせよ、ゆっくりと歓談ができるようにアラカルトよりコース料理がおすすめです。レストラン予約の一休.comでは顔合わせプランは5000〜20000円と幅広く展開していますので、二人で相談して決めると良いですね。

結納

結納とは日本で昔から行われている結婚の正式な儀式。現代では略式で行なったり、完全に省略(なし)してしまう形も多くなっています。私の場合も両家が特にこだわっていなかったため、結納なしとしました。

家や地域のしきたりにのっとって行う「結納」は、金品(結納品や結納金)を取り交わし、両家が親戚としてのご縁を結ぶ儀式。一方、「顔合わせ食事会(婚約食事会)」は、昔ながらのしきたりにこだわらず、両家の顔合わせを兼ねて行う会食のこと。

「結納」と「顔合わせ食事会」違いやそれぞれの特徴を解説!超基本ガイド ゼクシィ

結納は女性が男性の家に嫁ぐ形式が多いため、男性側が女性側に送るのが一般的です。費用は新郎本人が出すこともあれば親が出すこともあるようで、決まりはないとのことです。正式な結納を行なった場合、女性側は結納返しをするのが一般的。

入籍

入籍は、戸籍上(法律上)結婚することをいいます。婚姻届を、住まいの役所に提出するだけなので費用は一切かかりません。婚姻届も、役所でもらえるものです。

しかし婚姻届をこだわりたい!ということであれば、可愛いデザインのものを有料で手に入れることも可能。私は購入したゼクシィについていた柄付きの婚姻届を使用しましたが、探すと様々なものがあります。一生に一度の記念のものなので、こだわりのものを探してみるのもアリだと思います。

結婚式

ご承知の通り、結婚式が一番高額といっても過言ではありません。

結婚式の費用  平均354万9000円

相場から自己負担金、支払い時期まで分かる【「結婚式のお金」基礎知識】 ゼクシィ

驚愕の高さですが、これはあくまで平均値。これより低い人ももちろんいるわけです。結婚式は課金制ですから、こだわればその分どんどん追加料金が発生していくものです。一生に一度だからとドレスや料理にこだわる気持ちがでてくるのは当たり前のこと。

また、ゲストの人数によっても費用は全然変わってきますので、上記の費用を鵜呑みにしてはいけません。費用350万くらいだとゲスト人数は70名ほどだそうです。今は挙式だけであれば数十万でできるプランもたくさんあるので、予算によって検討しましょう。

ちなみに私は結婚式を一切あげなかったので費用は0円。私のように結婚式を挙げたくないタイプの人間もいますのでよろしければ参考にしてみてください。

「式を挙げない理由」についてはこちらもどうぞ!結婚式をやりたくないっておかしい?私が式を挙げない理由

新婚旅行

結婚式が無事終わったら新婚旅行に行く、という流れが多いと思います。私の周りには新婚旅行に行っていない人も割と多いです。仕事が休めるかどうか、調整できるかどうかにも関わってくるので、彼とその辺を事前に話し合っておくことが大切ですね。

平均的な費用【予算50~70万円】

予算別でまとめました!おすすめハネムーン先 結婚スタイルマガジン

国内か海外か、閑散期か混雑期か、状況により費用は変動します。また、同じ値段でも旅行会社によってハネムーン特定が異なることもザラにあるので、情報収集は必須です。

私の場合は結婚式を挙げていないのでちょっと贅沢にモルディブへ行きました。費用はお土産代ふくめない旅費のみで二人で80万ほど。結婚費用はメリハリも大事ですね♫

新居引越し

同棲をしていなかったカップルにとっては、結婚費用として新居引越し費用がかかってきますね。どちらかが一人暮らしであれば家具家電を新調しなくてもある程度揃うでしょう。しかしどちらも実家暮らしであった場合はすべて揃える必要があるので結構な出費になります。

引越しにかかる費用

・敷金礼金、仲介手数料、前家賃…家賃×4ヶ月分くらい(家賃10万であれば40万ほど)
・引越し業者依頼料…30000〜50000円
・家具家電費用…50万ほど
など

これ以外でも地味にかかるのが、新居探しのための不動産めぐり交通費用。二人で暮らす家なので、どうせならいろいろみて決めたいと思うもの。新居探しのために不動産に通うと、その交通費だけでも結構出費がかさむ場合も…。

ちなみに私は結婚する前から同棲していたので、結婚費用と引越し費用の出費タイミングがずれました。結果的にどちらも自分的に妥協せず満足しています。

結婚費用まとめ

 最低金額平均額

結婚挨拶

3000円3000円+交通費(挨拶する家が遠征であればその分かかる)
両家顔合わせ(8名の場合)40000円80000円
結納0円 
入籍0円0円
結婚式0円354万9000円
新婚旅行0円50〜70万円
新居引越し0円(同棲していた場合)100万
 

10万円以下

500万円以上

終わりに

いかがですか?さいごのまとめをみてわかる通り、結婚費用はピンキリ…!ご両親に援助してもらえる方もいらしゃるでしょうが、私のように一銭ももらえていない方もいるはずです。ご自身の状況に応じて、身の丈にあった結婚のかたちを考えましょう。彼と一緒になりたいならば、「入籍だけ」だってアリのはず。

見栄えや憧れももちろん大事だけれど、それに囚われて本当に大切な人と結ばれるタイミングを逃してしまっては意味がありません。結婚する瞬間はすぐ終わるけど、結婚生活は一生続くのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました