婚活に恋愛感情はいらない?幸せな結婚に大切なのは恋愛感情より○○?!

結婚
スポンサーリンク

婚活って学生の時のような恋愛と違い、どうしても相手のスペックを見てしまい恋愛感情が付いてこない場合がありますよね。条件ばかり気にして婚活を進めると、「あれ、このままこの人と結婚していいのかな?と思うこともあるかもしれません。

私自身の経験や周りの友人たちの話から、婚活における恋愛感情の重要性について結論がでましたので、この記事でお話ししていきたいと思います。

この記事のポイント

✔️恋愛感情とは何か知る

✔️恋愛感情が結婚に必要なのか

✔️恋愛感情なしでの結婚があまり向いていない人はどんな人か

✔️結婚に一番必要なもの

スポンサーリンク

恋愛感情ってどんなもの?

恋愛感情は基本的に「恋」のことで、「相手のことが好き」「肉体的関係を持ちたい」「相手のことを自分のものにしたい」と思う気持ちのことですよね。いわゆる少女漫画などで描かれる「彼といるとドキドキする」「ついつい目で追っかけてしまう」「ずっと一緒にいたい」といったような長い人生の中でみればほんの一瞬だけのときめきです。

学生の頃に付き合った延長で結婚するパターンはよくあると思いますが、これはほとんどの場合恋愛感情から結婚に至っていますよね。しかし婚活となると相手をある程度の条件で絞った上で意図的に出会うことになるので恋愛感情が先行することはほとんどないといえます。

恋愛感情がなくても結婚は可能なのか

結論から言うと、恋愛感情がなくても結婚は可能だと思います。なぜそう言えるかと言うと、昔の人は制約結婚が主流だったわけだし、私の周りの友人でも婚活パーティなどで条件だけで結婚し幸せに暮らしている人が何人もいるからです。

しかし恋愛感情なしで結婚したがために公開している方もいます。

お見合い結婚で20年目経ちました。

今振り返ると当時は認識できていませんでしたが、そうだったのかもと思いレスしました。

第一印象も悪くなかったので、一緒に暮らせば時間と共に恋愛感情もわくであろうと前向きに結婚したのですが、今は後悔反省しています。

多分、相手(夫)は人と感情を交わすことが得意ではない引きこもりタイプの人で、現在一緒に生活していくのが寂しく辛いです。

恋愛感情が持てない相手と結婚された方はいらっしゃいますか? 発言小町

私自身の場合は、恋愛感情がないまま婚約をして、結婚間近で婚約破棄をした過去があります。破棄をした理由は恋愛感情がわかないために「彼との子供が欲しいと思えない」という点でした。

婚約破棄したいと思っているあなたへ…結婚は慎重に決めて欲しい
結婚1年目の新婚かんころです。今は幸せいっぱいの結婚生活を送っている私ですが、以前お付き合いしていた男性と結婚目前で破棄になった苦い経験があります。私の場合、破棄された側ではなく、破棄した側でした。結婚って人生において最大の決断と...

恋愛感情はなくても結婚自体は可能だと思いますが、じゃあ誰でもいいから結婚!というのも違います。焦って結婚してしまうとそのあとの結婚生活がとても苦しいものになってしまうかもしれません。闇雲に結婚を決めてしまうのだけは避けたいものです。

誰でもいいから結婚したいと焦る時こそ冷静に!幸せを勝ち取る方法
20代後半ぐらいになると周りがだんだん結婚し始めたり、婚活が思ったようにうまくいかないと、だんだん焦ってきませんか?私はあまり結婚に興味がなかった友人が先に結婚したと知った時劣等感と焦燥感に苛まれた記憶があります。そして「私も誰でもいいか...

恋愛感情がないとダメな人の特徴

私自身もそうですが、ある程度恋愛感情がないと結婚がうまくいかない人は一定数いるのではないかと思います。そのような人の特徴を挙げてみます。

恋愛感情がないとダメな人の特徴

・過去の恋愛を引きずっている人

・恋愛体質の人

・恋愛経験が豊富な人

過去の恋愛を引きずっている人

過去の恋愛を引きずっていると、その人のことを思い出してときめいてしまいます。ふとした時に、「あの人と結婚していればもっと毎日が幸せだったかもしれない」と考えてしまうかもしれません。こう言う人は過去の恋愛を上書きできるような恋愛感情を持った相手と結婚できないと、結婚がなかなか続かないもしくは熟年離婚などの危険があるかもしれません。

ドラマにもなった「あなたのことはそれほど」という漫画がまさにこれじゃないかなあと思います。

あなたのことはそれほど(1) (FEEL COMICS) | いくえみ綾 | 女性マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonでいくえみ綾のあなたのことはそれほど(1) (FEEL COMICS)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

恋愛体質の人

恋愛体質の人は多分結婚してからも恋愛していたいと思っているので、結婚相手に恋愛感情がないと無理じゃないかと思います。恋愛体質であればあるほど、人生における恋愛的ときめきを重視してしまいます。

恋愛経験が豊富な人

私自身割と恋愛経験があるので、ときめきを知ってしまっているが故に「恋愛感情がわかないこの人と結婚して、この先の人生それでいいの?」と悩んでしまったことがあります。なので、私の場合は「好きだなあ」と思えて、ときめける相手とでないと結婚は無理でした。

恋愛感情がない場合に他に重要視すべきポイントは?

マッチングアプリや結婚相談所など出会いの場は様々ですが、婚活はどうしても「相手の条件」から入っていくものです。恋愛感情がなかなか湧かないままデートを重ねることもあるかもしれません。

このまま恋愛感情(ときめき)がないままおつきあいし、結婚してしまってもいいのだろうか…と悩む瞬間がくるかもしれませんが、少しでも年収などの条件がいいなと思う相手であればおつきあいをしてみて、下記のポイントを確認してみることをが大事だと思います!

ずばり、相手のことを尊敬できるか?!

相手は自分のことを尊敬してくれているか??

尊敬できるかどうか、が結婚してうまくいく大きなポイントだと私は考えます。結婚って夫婦で乗り越えなくてはならない壁がたくさんあります。お互い尊敬できる相手でなければ、上下関係ができてしまったり、思いやりの気持ちがなかったり、「この人のために頑張ろう」と思えませんよね。尊敬できる相手であれば何か問題が起こった時にも「この人とならうまく乗り越えられる」と信じることができます。

恋愛感情がなくても尊敬できる=人として好きという気持ちがあれば夫婦はうまくいくのではないでしょうか。逆に、「彼が好き!」という恋愛感情だけでは結婚はうまくいきません。どんなきっかけで結婚をしたのかに関わらず、相手を尊敬しているか・相手に尊敬されているかはとても重要です。

相手が自分のことを尊敬してくれているかどうかを知るためには、「私のどこが好き?なぜ夫婦になりたいの?」と聞いてみるのが一番いいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?婚活において相手への恋愛感情は必要なのかどうかをお話ししてきました。

この記事のまとめ

✔️恋愛感情はなくても結婚は可能

✔️恋愛経験が豊富な人ほど結婚にときめきが必要

✔️恋愛感情がなくても「尊敬し合える人」であるかどうかが大事

お役に立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました