妊娠8ヶ月!妊娠後期突入。里帰り準備、そして逆子診断…|私の妊娠日記

妊娠中
スポンサーリンク

2020年夏出産予定のかんころです。ついに妊娠後期に突入し、いよいよだなあと出産間近であることを実感しています。2020年4月現在、新型コロナ肺炎というウイルスが世界中で流行しており、終息の見通しは未だ経っていません。

仕事は自宅待機をしていた私ですが、4月以降、5月中旬の産休まで自宅待機が延長され、このまま産休育休へ突入することとなりました。日本の自粛ムードは経済にも影響を受け、県外への移動が自粛要請になっていることから、場所によっては「里帰り出産の受け入れ拒否」をする産科もあるようです。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地方の病院で里帰り出産の受け入れを中止する動きが広がっている。都市圏からの帰省による感染拡大を避けたいためだ。妊婦たちが「どこで産めばいいのか」と不安を募らせる中、東京の病院などが支援に乗り出している。

どこで産めばいいの?里帰りはNG、都内は予約いっぱい 朝日新聞デジタル

幸い私の里帰り先は受け入れしてくれるようですが、里帰り後2週間の自宅待機が必要だとのことで、里帰りを1ヶ月ほど早め急遽4月下旬に帰省をすることになってしまいました。夫と2ヶ月近く離れて暮らすことになるので不安もありますが、私が今できることは無事に赤ちゃんを産むこと。妊娠8ヶ月のこの1ヶ月は、里帰り準備に追われることとなりました。

スポンサーリンク

妊婦健診は2週に一度:逆子診断を受けることに…

健診は2週間に1度。28週の健診では、赤ちゃんの体重は約1100g。1ヶ月まえ634gだったので、約2倍の重さになっていました!どんどん大きくなっているんだな〜と実感。30週の健診では1300g台になりました。

先生からは、赤ちゃんは小粒ちゃんね、と言われました。お腹周りの長さも短めなので、割とスリムで小さめなのだということです。個体差であり、個性であるから気にしなくて大丈夫と言ってもらいました。それよりも心配になったのは、30週の健診で「あれ、逆子だね」と一言…!今までの健診では逆子でなかったので、予想していなかった出来事に驚きを隠せませんでした。先生によると大体30週ごろになると赤ちゃんの動きは落ち着いてきてしまうとのこと。しかし、私の赤ちゃんの場合はこぶりなので子宮内でまだまだ回転するだろうから大丈夫と言われました。

そう言われても、正直不安な気持ちはぬぐえず…万が一帝王切開になるかもしれないことを覚悟して、帝王切開について色々調べました。

「帝王切開」についてはこちらをどうぞ!妊娠後期で逆子になったので帝王切開について調べてみた

26週で行なった血液検査の結果を渡されました。検査はHTLV1の抗体を調べるものでした。

HTLV-1は、ヒトT細胞白血病ウイルスというウイルスが原因で発症します。血液中の白血球の一つであるTリンパ球に感染して細胞を悪性化(がん化)し、成人T細胞白血病という血液のがんの一種を発症させるウイルスです。

世界にHTLV-1感染者が推定3,000万人いるといわれ、日本にも推定108万人の感染者がいるといわれています。

病気について 予防会

このウイルスは母子垂直感染の可能性があるため、妊婦健診で検査するようです。陰性だったので一安心です。

便秘・痔が悪化したため薬を処方してもらった

妊娠後期に入り、便秘がますます悪化しました。お腹が大きくなることにより腸が圧迫されていっているのでしょうか?便秘が続けば続くほど苦しいし、出すときにいきむので不安もつのります。また、排便時に血が出るようになってしまい、痛みもひどいので健診時に相談することにしました。

先生はあっさり内服薬と塗布薬を処方してくれました。薬局にもらいに行かなければいけないと思い込んでいましたが、私の通う病院では、その場で処方してもらえたので助かりました。

「便秘」についてはこちらもどうぞ!私が便秘解消に効いた食べ物・飲み物・行動はコレ!

「痔」についてはこちらもどうぞ!妊娠中の痔の悩みは産婦人科に早めに相談すべし!

里帰り前にやったこと

里帰りが1ヶ月前倒しになったので、急いで準備することにしました。

里帰り前にやったこと

・家の掃除、模様替え
・入院時、出産後必要なもののリストアップ、購入
・夫のご飯つくりおき

赤ちゃんが帰ってきたときスムーズに生活が始められるように、部屋の模様替えをしました。不要なものの処分にも力をいれました。ゴミとして出すのはもちろん、ジモティーで売ったり、本を宅配買取してもらったりしました。

入院時や出産後に必要なもののリストアップを早めに作成し、レンタルするベビーベッドなどは手続きを済ませました。時間があったので、本当にすぐに必要なものか、生まれてから購入しても間に合うのかを夫と話し合ったり、親戚にプレゼントしてもらうものを決めたりもしました。

最後は、約2ヶ月一人暮らしになる夫のごはんをある程度作り置きしておくこと。レンジで解凍するだけで食べられるおかずをたくさんつくり、冷凍しました。

体重は+0.2キロ

体重の大きな変化はありませんでした。子宮低長も1センチほどしか変化がなかったので、お腹はそんなに大きくなっていないのかな?ただ、お腹の赤ちゃんの体重は確実に増えてきています。太りすぎないように気をつけなければならないので、このくらいの増加で抑えられて一安心です。

お腹の張りはあいかわらず頻繁にあるので、買い物に出かける時もすぐに疲れてしまうのでよたよた歩いています。動く機会は劇的に減ってきているので、食事でうまく調整しないとですね。なかなか難しいですが…。

まとめ

妊娠後期になりいよいよ…という感じです。妊娠中の不安は尽きることがなく、逆子になってしまったことが今一番不安なことです。帝王切開はメリットデメリットがありますが、やはり自然分娩がいいなというのが正直な気持ち。次の健診までに治ってくれることを祈るばかりです。

これからもっとお腹が大きくなり、体のトラブルも出てくると思いますが、一つ一つゆっくり解消していけるように心に余裕をもちたいなとおもいます。これからは実母のもとでの生活になるので、安心な部分もあり、甘えられるところは甘えたいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました