妊娠9ヶ月!恥骨痛と頻尿がしんどくて眠れない日々…|私の妊娠生活

妊娠中
スポンサーリンク

2020年夏出産予定のかんころです。ついに妊娠9ヶ月突入!思い返せば、妊娠発覚からあっという間でしたが、夫には「長い期間頑張っているね…」と言われます。胎動を感じてもお腹がみるみる大きくなっても実体験できない夫にとって、私の体の変化や出産までの日数をどんな風に感じているんだろう?と考えるようになりました。

パパになるって、ママになるよりももしかしてすごく大変なのかも?!産まれたら、子どもとともにパパママも成長していかなければならないな…と改めて意気込む今日この頃です。

さて、妊娠9ヶ月ともなると出産までラストスパートというところです。妊娠初期から今まで「つわり」やマイナートラブルなどほとんど経験せずここまで過ごしてきたかんころですが、正直妊娠後期の生活が一番しんどいと感じています。

そんな私の妊娠9ヶ月生活についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

妊婦健診は2週に一度:逆子が治ってた!

32週健診

妊娠9ヶ月目の健診は里帰り先の産院でお世話になりました。前回都内での最後の健診のとき逆子と言われてしまったためドキドキしながら受診。

まず驚いたのは、里帰り産院は4Dエコーがデフォルト!都内の産院では4Dエコーをお願いすると15000円かかるため、地方と都心でこんなにも違うのかとびっくりしました。初めての4Dエコードキドキでしたが、お腹の赤ちゃんは手でお顔を隠しているようで、全然人間らしい動画をみることはできませんでした…。

しかし、頭はしっかりと下に来ているようで、逆子は治っていました!!!母親からも義母からも夫からも夫の会社の人からも「逆子は大体治るから大丈夫だよー」と声をかけてもらっていましたが、当事者としては「本当かよ?!」とハラハラドキドキの2週間でした。無事治っていて良かったですが、また逆子に戻る可能性も0ではないので、まだ安心してはいられません。

赤ちゃんの体重は1700g台とのこと。2週間前の健診では1300g台でしたので、400gも成長している!!ずっと小ぶりな子だねと言われてきましたが、今回は「ほぼ平均的な大きさですよ」と言ってもらえました。

34週健診

34週の健診は、基本検査以外は助産師さんとのバースプラン打ち合わせを行いました。入院時の持ち物や入院中の生活についてのお話もありました。

正直バースプランについてはこだわりがなく、プラン表は白紙で提出しました。しかし助産師さんが優しくお話ししてくださったので、最低限のプランを立てることができました。私の場合「会陰切開はなるべくしたくない」「産まれた直後の赤ちゃんの写真が撮りたい」という希望だけでしたが、追加で「音楽をかける」「夫に立ち会ってもらう」ことにしました。

立ち会い出産は実はあまり希望していなかった(恥ずかしいので)のですが、2020年初夏現在、新型コロナウイルス流行の影響で「入院中の面会NG」となっており、立ち会い出産のみ可能ということ。陣痛が始まってから退院までずーっと1人で過ごすのは心細いかもよ、という助産師さんからのアドバイスにより、立ち会い出産を追加することにしたのです。

夫はもともと立ち会い出産を希望していたので、とても喜んでくれました。笑

里帰り帰省。夫と離れ寂しい反面とってものんびり

32週の健診前から実家に里帰りをしています。久々の実家暮らしに、ついつい甘えてのんびりしてしまう日々が続いています。しかし、このままだと全く動かずだらだら過ごして肥えていくのではないかと不安になります…。お医者さんからも「里帰りすると大体体重増えるからね〜」と言われたし、気をつけなければなりません。体調のいい日はなるべく食事の用意をしたり掃除をしたり、家のことをやるように心がけています。

ご飯も作ってもらえるし、洗濯もしてもらえるし、車も出してもらえて快適な生活を送れていますが、夫と離れて暮らすことは精神的には寂しく辛いものがあります。毎日夜寝る前に電話をして、1日のできごとを話したり、胎動のことや健診のことなどを伝えています。

とにかく恥骨痛と頻尿が辛い

妊娠9ヶ月に入り、急激に恥骨の痛みがひどくなりました。恥骨と、足の付け根あたりがずきずきして、寝返りを打つのが辛いため、なかなか寝つけません。また、胎動も夜寝る直前になると激しくなるため不眠に拍車がかかるようになりました。

また、何より辛いのはトイレの回数が劇的に増えたこと。8ヶ月頃からトイレが近くなったことは自覚していましたが、それよりもひどく、夜中は数回かならずトイレで目覚めてしまうし、日中も30分に一回はもよおします。

なるべく日中外にでたり活動して昼寝をしないように心がけているのですが、途中でトイレに行きたくなってしまうのであまり遠出もできず…。結局夜はなかなか寝られないのが現状です。昼夜逆転の生活が続き、正直いままでの妊娠生活の中で一番しんどい…と感じています。

妊娠9ヶ月から始めたこと。

里帰りしてから、始めたことは下記の通りです。

・毎日ゆっくりお風呂に入る
・寝る前に呼吸を意識しながらマタニティストレッチ(ヨガ?)
・週3回は1時間以上散歩する

実は里帰り前はシャワーで済ませることが多く、ゆっくりお風呂に入ることはあまりありませんでした。しかし、やはり安産を目指すにはストレスの解消や体を温めることが重要だと思い、温かいお風呂にゆっくり浸かることを意識するようになりました。

また、お医者さんから「鼻ですって口で吐く呼吸を意識して練習してみてね」と言われたので、ネットで検索した「寝ながらできるマタニティヨガ」を寝る前にやるようになりました。お産の時は痛みに耐えるためについ息を止めてしまうため、呼吸を意識することが大事なのだそうです。マタニティヨガによって呼吸を意識する時間を作れることはもちろん、股関節のストレッチにもなります!

無理しない程度にですが、週3回以上は散歩をするように心がけています。1時間以上、3キロ程度を休憩を挟みながら行います。体力づくりのために行っていますが、好きな音楽を聴きながら散歩をするのは思った以上にストレス発散になります。

これらは仕事が産休に入り、また里帰りすることで時間的余裕もできたことで実行できていることです。改めてありがたい環境だなと実感しながら、出産準備として日々取り組んでいます。

体重は+2キロ

実は妊娠8ヶ月からほとんど変わっていなかった体重が、ここにきて一気に+2キロとなりました…。急激な増加に正直焦っています。ただ、今後臨月になるとお腹の赤ちゃんの体重も一気に増えると聞いているので、増加を完全に抑えるのは難しそう。せめてあと1キロに抑えられるように意識した生活を心がけようと思います。

まとめ

出産まで約1ヶ月。赤ちゃんグッズを揃えたり、ガーゼを縫ってみたり、自分なりに親になる準備も少しずつ進んでいるなと感じています。もうすぐ生産期に入れば、いつ産まれてもおかしくありません。今は正直出産の痛みに震えていますが、なるべく安産で産めるように、いまからできることをやっていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました