あげまん妻になるために実践した5つで夫の年収が1年で100万UPした話

お金
スポンサーリンク

かんころです!

突然ですがうちは共働きなので今まであんまり夫の年収を気にしたことがありませんでした。しかし妊娠出産による私の収入減をきっかけに気にするように。

妊娠した時の収入は正直すごーく多いわけではなかったのですが、出産して半年現在、なんと100万以上年収がアップしていたのです!

しかも夫の収入が上がったのは転職によるものではなく、同社におけるベースアップ&賞与査定アップによるものです。夫の会社は比較的新しい今時の会社で実力主義で頑張れば頑張るほど評価されるということもあり、このような劇的な収入増に結びついたのだと思います。

会社によって評価の仕方は様々なので昇級しづらい場合もあるかと思いますが、仕事を頑張るモチベーションをあげる方法は多くの働く人に通用し、そして出世のためにも必要な要素ですよね。

そんな我が家で、私(妻)が夫の収入アップのために実際やっていたことをまとめてみました!

スポンサーリンク

はじめに:我が家について

初めに我が家について簡単に紹介しておきます。

かんころ家

✔️夫30代後半、私(妻)20代後半、息子0歳の3人家族

✔️私は育児休業中で、息子が1歳以降に復職予定

✔️現在都内の賃貸マンション暮らし

✔️地方都市の駅近マンションを購入し2021秋から住み始める予定

収入アップを願ってやっていた習慣

私が夫の収入アップを願って意識していた行動は下記の通りです。

毎日出勤時に玄関でいってらっしゃいのキス

これは王道で、あげまん妻になるための習慣として挙げられるものですね。半信半疑ですが息子が生まれてからも続けています。朝の準備でバタバタして忙しくても、夫が家を出るときは必ず玄関まで見送り、キスと「気をつけてね」の言葉を忘れません。

前日に喧嘩して険悪なムードでも、これが習慣化していれば仲直りできます。歳を取っても続けていきたいなと思っています。

しつこいくらい「ありがとう」を多用

小さなことでもありがとうを忘れずに伝えるようにしています。「今日も仕事頑張ってくれてありがとう」とか「ゴミ捨ててくれてありがとう」「食器洗ってくれてありがとう」。

お金を稼いできてくれてるのにさらに家のことまでやってくれるなんて、という気持ちを込めてありがとうを使っています。

正直(ゴミ捨てくらいやってくれよ)とか(コップ自分で洗え)と思うこともありますが嫌な雰囲気になって結局自分がストレスを溜めてしまうので、絶対口にしないようにしています。

「私は仕事辞めないから安心してね」アピール

私自身決して高給取りではないですが、細々と正社員を続けていくつもりです。なので「1人で頑張らなくても大丈夫だからね。」と気持ちを込めて仕事を辞めるつもりはない旨を伝えています。

専業主婦になりたいって言って快くOKしてくれる男の人って今時なかなかいないと思うし、こうやって伝えるだけで仕事に対するプレッシャーが減るのではないでしょうか。

とにかく「すごいなぁ〜偉いなぁ〜」と褒めまくる

仕事の話はしっかり聞き、褒めまくるようにしています。大体話してくる内容って頑張っていることをアピールしたい時とか成果をあげてきた時なので、夫が求めている言葉を返せるように意識しています。

夫「今日、クライアントから大きな案件頼まれたんだ

私「すごいじゃん!日頃頑張ってるから見てくれてるんだね!!」

「ボーナス増えたら、ちょっと贅沢な旅行に行けるね」とか収入アップに対する喜びを言葉にする

現在の収入に対する不満ではなく、収入アップの伸び代があることに注目します。そして少しでも増えたら家族で楽しめることが増えるね、とか前向きで明るい事例をあげて喜ぶようにします。決して「ボーナスは全部貯金ね」とか言わないようにします。

実際に使わずに貯金に回すことになるとしても、理想を夫婦で語る時間が大事なのかなあと思います。

まとめ:「家族の幸せは俺の頑張りで作られてる」と思わせたら勝ち

ありきたりな方法ではありますが、要は夫に「家族の幸せは俺の頑張りで作られていて、俺次第なんだ」と思わせることが重要なのではないかと考えています。

まずはあまり頭ごなしに「もっと収入あがらないの?!」などと言わず、今のままでも十分満足であることを伝えます。

その上で褒めたりお礼を言ったり、お金が貯まったらやりたいこと(夢)を語ってじわじわとやる気を持たせるようにできたらいいなと思いながら、声かけを実践しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました