出産手当金はいつ振り込まれる?私が受給した時期や金額を公開

お金
スポンサーリンク

かんころです。妊娠し、出産が近くなると会社員のばあい仕事を休むことになると思います。産前休暇は任意ですが、希望をすれば休むことができますが、産後休暇は必ず休まなくてはならない期間となります。その間は原則お給料がでませんので、加入している健康保険から支給される「出産手当金」は非常に重要な手当となります!

しかしこの「出産手当金」、実は休暇期間中にもらえるわけではないのです…。無給になってしまう状況下において、お金がいつ!どのくらい!もらえるのかとても気になりますよね!!!!

今回は私が出産手当金をどのようなスケジュールで受給できたかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

出産手当金がもらえる条件

まず出産手当金とはなにか?を確認しましょう。

出産手当金とは

被保険者が出産のため会社を休み、その間に給与の支払いを受けなかった場合は、出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産予定日)以前42日(多胎妊娠の場合98日)から出産の翌日以後56日目までの範囲内で、会社を休んだ期間を対象として出産手当金が支給されます。出産日は出産の日以前の期間に含まれます。また、出産が予定日より遅れた場合、その遅れた期間についても出産手当金が支給されます。

全国健康保険協会 協会けんぽ

上記の通り出産手当金は会社を休んだ場合の補填として支給されるものなので、働いていない専業主婦の方は支給されません。パート・アルバイトの場合はご自身で健康保険に加入していれば対象となります。(夫の健康保険の扶養では対象外)

似たような名称で「出産育児一時金」というものもあります。これは出産にかかる分娩に対する補助として支給されるものになります。健康保険の被保険者はもちろん、被扶養者の場合も支給対象です。

申請方法

出産手当金は必要書類を加入している健康保険組合に提出することで支給されます。ほとんどが、会社の人事部等担当部署を経由して提出されます。私の会社では下記のような流れで出産手当金申請書類を提出しました。

①産前休暇開始1週間ほど前に会社から書類一式が届く
②休暇期間中に必要書類の記入
③出産後、産院で医師の署名や出産証明を記入してもらう
④郵送で会社に提出

申請時期→実際に振り込まれた時期

出産手当金申請書類を会社に提出したのは、出産してから約2週間後のことでした。そして実際に指定した金融機関に振り込まれたのは提出から約2ヶ月後のことです。

出産6月末→書類提出7月中旬→支給日9月中旬

私の場合は、思っていたより支給が早かったなという印象でした。なぜなら、ネットで調べる限りもっと支給が遅かった方がいたからです。

支給時期にかなりムラがあるので、会社の担当部署が健保への書類提出をどの程度迅速にやっているか、書類に不備等がないか、などが関係しているのだと思われます。

出産手当金の支給額

出産手当金の計算方法

傷病手当金・出産手当金の給付日額は、支給開始月以前の12ヵ月の標準報酬月額を平均した額で算定されます。(法第99条第2項)(法第102条第2項)

関東ITソフトウェア健康保険組合 被保険者が出産したとき

標準報酬月額は都道府県毎の保険料額表 協会けんぽで確認できます。私の場合支給開始月以前の12ヶ月間は額面で大体24〜30万(通勤手当含む)もらっていたため、実際の支給額は60万ほどでした。

なお、産前休暇開始前に妊娠悪阻などで仕事を休み、傷病手当金を支給していた場合は、重複してもらうことはできません。また、会社の制度等で産前産後休暇中に給与が支払われている期間がある場合は出産手当金の子宮対象外となります。

出産手当金を貰う際の注意点

出産手当金を貰う際に注意することは、下記の通りです。

・出産手当金は申請をしてから最短でも約2ヶ月後くらい、半年近く先の支給になるので、その間無給状態になる
・出産手当金がなかなか支給されない場合は書類不備など滞りが発生している場合もあるので、会社担当部署や健康保険組合に問い合わせてみる
・出産手当金は額面給与額ではなく、標準報酬月額を基準に計算され、給与の満額ではないので注意

出産前後は給与が無給になることも多く、出産手当金の支給は非常に大切になります。いつどのくらいもらえるのかは所属している会社や自分の給与額によって変わりますので、ある程度把握できると安心できるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました