妊婦健診の際里帰り先では助成券使えないかも!払い戻し手続き必須!

妊娠中
スポンサーリンク

2020年夏に出産予定のかんころです。現在住まいの近くの産婦人科に検診を受けに行っていますが、臨月になったら仕事が産休に入り、里帰りを予定しています。

実家との距離がそこまであるわけではないですが、初めての出産で不安も大きいため、少し甘えさせてもらうことになりました。里帰り出産を選ぶ方は結構いるのではないでしょうか。

先日里帰り先の産院を予約しに行ったところ、「32週までに当院を受診してくださいね」と言われました。実際に実家に帰るのは35週ごろからなので、現在住まいの地から数回通うことになるということです。仕事をしていて産休を取る方は、ご実家がかなり遠方の場合は少し産休を早めなければならないですね。

そこで疑問に思ったことは、現在利用している妊婦健診助成券は里帰り先で利用可能なのか?ということです。今後出産が近づくにつれて検診回数も増えますし、助成金が使えないとなると持ち出し負担がかなり増えてしまいます…。

今回は里帰り先で検診助成券は使えるのか?という疑問について色々と調べ、結論をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

妊婦健診助成券はどこでも使えるか

東京都練馬区を例に挙げて調べてみました。

受診票を利用できる医療機関

・都内契約医療機関
・埼玉県の一部医療機関
 新座市・・・牧田産婦人科医院・大塚産婦人科小児科医院・奥脇産婦人科医院
  (なお、奥脇産婦人科医院での受診は、令和2年1月末までとなります。)
 和光市・・・独立行政法人 国立病院機構 埼玉病院
 所沢市・・・瀬戸病院

妊婦健康診査費用女性のご案内 練馬区

練馬区で配布される受診票は都内全域の医療機関で使うことができる他、隣接している埼玉県の一部の医療機関で使えるようです。

もう一つ、千葉県松戸市を見てみます。

妊婦健康診査受診票(別冊)は千葉県内、及び松戸市と契約を交わした県外の医療機関で利用できます。

妊婦健康診査 松戸市子育て情報サイト

このように、自治体によって受診票の利用範囲は決められているようです。全国どこでも使えるわけではありませんので、ご自身が交付をうけた自治体の利用範囲を確認してみましょう。

他の自治体で使いたい時

では、自治体が決めた利用範囲外に里帰りする場合は補助の対象外になってしまうのでしょうか?そんなことはありません!厚生労働省は「妊婦に対する健康診査についての望ましい基準」として市町村に向けてこのように発文しています。

市町村は、里帰り先等において妊婦健康診査を受診する妊婦の経済的負担の軽減を図るため、妊婦の居住地以外の病院、診療所又は助産所と事前に契約を行う等の配慮をするよう努めるものとする。

○妊婦に対する健康診査についての望ましい基準 厚生労働省

これに対しほとんどの市町村は、里帰り等で受診票が利用できない状態で妊婦健診を受けた場合に補助分の払い戻しを実施しているのです。

あくまで払い戻しなので、最初の持ち出しは必要になりますが、手続きをしっかりすれば一部返金されるということです。

妊婦健診費払い戻し手続き方法

最初に注意しておきたいことは、健診で支払った金額が全額戻ってくるわけではないということです。交付されている助成券には助成額の上限が設定されているため、その範囲内で実際支払った額と計算して返金されるわけです。

さて、払い戻しの手続き方法についておつたえします。東京都江東区を例に挙げてみてみます。

未使用の「妊婦健康診査受診票」「妊婦超音波検査受診票」「妊婦子宮頸がん検診受診票」(使用しなかった受診票で健診の回数を確認しますので、破棄しないで必ずお持ちください)

妊婦健診を受診したときの医療機関・助産所の領収書原本(領収書はお返しします)

母子健康手帳(妊婦健診受診日が確認できるもの)

印かん(スタンプ印不可)

預金通帳等、振込口座のわかるもの(ネットバンク不可)

里帰り出産等妊婦健康診査受診費助成 江東区

多少の差はあるものの、どの自治体もほとんどが「受診票の余り」「妊婦健診領収書原本」「母子手帳」「印鑑」「振込口座先」が必要です。受診票の余りや、領収書原本はもう必要ないだろうと捨ててしまっては申請ができなくなります!必ず取っておきましょう!

また、自治体によっては申請書の提出が必要になる場合があるので、スムーズに手続きするためにも、配偶者に依頼する場合などのためにも、ダウンロードするなどして事前に入手し、準備しておくと良いですね。

払い戻しの手続き期限があるので注意!

前払いで負担があるものの、のちに一部払い戻しがされることがわかりました。しかし、なんと払い戻しの手続きには期限が設けられているのです!しかも自治体によって期限は全然違うので注意が必要です!!!

自治体名助成金払い戻し申請期限
東京都練馬区出産日から赤ちゃんが1歳になる前日までに、まとめて1度に申請してください。※3
千葉県松戸市健診後早めに(妊婦健康診査受診日から2年以内に)申請をお願いします
東京都江東区出産後~お子様の1歳の誕生日前日まで、1回限り。
神奈川県茅ヶ崎市対象の健診を受けた日から6か月以内

自治体によって、こんなに違うんですね…子どもが生まれたら、半年や1年なんてあっというまでしょうから、忘れずに早めに申請をしておかなければいけません。

まとめ

いかがでしたか?妊娠中でさえお金がかかるのに、出産した後は様々な出費が予想されます。ただでさえ経済的負担を抑えたいところですので、妊婦健診が実費になるのは痛いですよね。

里帰り先だと今持っている助成券ではその場で助成されるのは難しいのが現実です。しかし、半分以上は払い戻しが可能になってくるはずですので、忘れずに払い戻し申請を行いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました